肌チェック③洗顔方法の改善、お肌の秋冬対策、ニキビケアの結果

クレンジング

前回の反省点

前回測定した時には、顔全体的に油分が多かったこと、またニキビが多少あったので、改善のためにこのように取り組みました。

①洗顔方法の見直し
②お肌の秋冬対策
③ニキビケア

洗顔方法の見直しでは、クレンジング・洗顔共にTゾーンからメイクを落とし、ぬるま湯で洗うこと、さらに洗顔料はよく泡立て、顔をこすらないように洗い、1分から1分半以内に洗うように心がけました。

また、お肌の秋冬対策として、春夏では使っていなかったクリームを導入し、乾燥対策も実施しました。

使ったスキンケアアイテム

今回使っていたスキンケアアイテムはこちらです。

化粧水:「ドクターシーラボ VC100エッセンスローション」
https://www.ci-labo.com/shopping/product/00033744

美容液:「ETVOS モイスチャライジングセラム」
https://etvos.com/fs/etvos/cd-007

クリーム:「MARKS&WEB ハーバルモイスチャーフェイスクリーム ラベンダー/ゼラニウム」
https://store.marksandweb.com/products/detail.php?product_id=1015

クレンジング:「ミシャ ニアビューティpHバランシングクレンジングクリーム」
www.misshajp.com/goods/details.php?goods_id=3710

洗顔:「WELEDA カレンドラソープ」
https://www.weleda.jp/shopping/カテゴリ/ボディウォッシュ%EF%BC%86ソープ/WELEDA/カレンドラ-ソープ/2_190.action

洗顔:「ビクトリアニューエッグパックソープ」
https://www.aena-shop.com/category/FACIALSOAP/107188.html

クリーム:「Arouge エッセンスミルキークリーム」
www.arouge.com/lineup/essence_milky_cream.html

目もとの測定結果

今回は11月からの測定結果を分析していきます。

11月は水分、油分どちらも目標に達成しており、お肌の調子が良いですね。

しかし、1月に入ってからはガクッと数値が悪くなっています。水分量は一年前の1月と比べると6.2%悪くなっています。乾燥対策としてクリームを塗ってはいましたが、やはり乾燥に負けているのかなと思います。ですが、シワっぽさはゼロです。見た目にはあまり影響は出ていない気がしました。

頬の測定結果

頬も目もとと同様、水分量に関しては11月がとても良い状態です。

しかし、1月に入るとガクッと下がっています。クリームを塗ってはいましたが、乾燥しています。測定はすべて朝起きた時のすっぴん肌で測定しているので、寝起きは乾燥していることがよくわかります。

油分は水分と同様に減っています。油分は目標に近づいているので、水分量をあげつつ、油分を減らしていくことが必要ですね。

正しい洗顔をしていたので、ニキビも減り、肌状態は以前に比べてきれいになっています。

11月は少しニキビ肌になっていたので、「Aruge エッセンスミルキークリーム」を使いました。Arugeのクリームは、肌荒れを抑える有効成分が入っているので、お肌状態が悪いときに使っていました。

1月からはよりこってりしている「MARKS&WEB ハーバルモイスチャーフェイスクリーム ラベンダー/ゼラニウム」を使っています。こちらのクリームは、ヒト型セラミド配合クリームなので、うるおいを保つために最適なクリームです。

額の測定結果

水分・油分ともに変わらない状態が続いています。特に冬だからと言って状態が悪くなっているわけではないですね。額に関しては引き続き同じケアをしつつ、水分量をあげていこうと思います。

お肌のBefore After

1年間、正しいスキンケアを実践していった結果、お肌は見事このようにきれいになりました。

Before↓

ニキビだらけのひどい肌荒れ状態

After↓

 

どうでしょうか??かなり改善されていますよね!

まず、ニキビが驚くほど減りました。ニキビが減っただけで、見た目が変わりました。健康的な肌に見えますし、透明感のある肌に近づいているのではないかと思います。この1年の成果ですね!

ニキビ跡は右頬に少し残っていますが、ゆっくりと消えていきそうです。スキンケアをしっかり行い、健やかな肌を保っていくことでターンオーバーが正しく行われる肌状態にしていきたいと思います。

正しいスキンケアを実施することで、見違えるほど変わったので、お肌に自信を持てるようになりました。

今後改善していくこと

今回の結果から、今後はこのように取り組んでいきたいと思います。

①お肌の水分量のアップのため、定期的なスキンケアを実施

全体的に水分量の低下が目立っているので、水分量のアップを目指していかなければなりません。

測定をするときに、夜スキンケアを実施してから、測定までの時間が10時間以上空いていたことも原因の1つかもしれません。特に冬は乾燥しているので、寝ているだけで乾燥が進んでいることが考えられます。

スキンケアをしてから測定までの時間が空くことで乾燥が進んでいる可能性があるので、定期的なスキンケアを実施していきたいと思います。

例えば、スキンケアをしてから寝るまでの間に時間が空いてしまう場合、寝る前にもう一度スキンケアをする、昼間も同様に乾燥が進んでいる可能性があるので、できる限り水分補給のためのスキンケアを実施していきたいと思います。

使っているスキンケアアイテムは、今の自分の肌に合っていますし、うるおい重視のスキンケアアイテムをそろえているので、今後は継続をしていきます。

透明感美肌を目指し、これからも正しいスキンケアを実施していきます!

 

関連記事