化粧水を使うならビタミンC誘導体

化粧水

美肌効果のある化粧水を使う

化粧水はスキンケアにとって必須のものではないと前回の記事でお伝えしました。


使わなくてもいいものだなんて、本当に驚きです。ですが、私は絶対に使いたいと思っているので、私の愛読書である「正しいスキンケア事典」に書いてあるように、使うのであれば、美肌効果のある化粧水を選びます。

おすすめの成分はビタミンC誘導体

みなさん、ビタミンC誘導体はご存知でしょうか?一度は耳にしたことがある成分だと思います。美肌効果のある化粧水を選ぶなら、「ビタミンC誘導体入り」を選んでいきましょう。

ビタミンC誘導体は、抗酸化や美白、毛穴の引き締めなど、さまざまな効果をもつスーパー成分です。クリームなどより水に配合したほうが安定性が高まる成分なので、化粧水なら好ましいといえます。
出典:正しいスキンケア事典 発行所:高橋書店

ビタミンC誘導体は、化粧水で補給していくほうが効率的ということです。そして、皆さんが悩んでいるであろうニキビ、シミ、シワ、毛穴のたるみなどの肌トラブルにも効果のあるスーパー成分ですので、効果的に補給していきましょう。
また、ビタミンC誘導体にもいくつか種類があります。水溶性のもの、油溶性のものがあり、また、水溶性と油溶性の両方の特性をもつものがあります。
以下は、代表的なものです。
■水溶性
・アスコルビン酸グルコシド
別名はL-アスコルビン酸-2グルコシド。
グルコシド基は、肌内部で分解されにくいため、ビタミンCとしての効果が弱い。・アスコルビルリン酸Naナトリウム
別名は、リン酸L-アスコルビン酸ナトリウムともいい、SAPやAPSとも言われ、名称はさまざま。浸透性に優れており、肌の内部で、ホスファターゼという酵素によって加水分解され、ビタミンCとしての効果を発揮します。リン酸アスコルビルMgより効果は低いとされているが、濃度を濃く配合できる使いやすさが特徴。

・リン酸アスコルビルMgマグネシウム
別名はリン酸L-アスコルビルマグネシウムで、アスコルビルリン酸Naに類似している。
効果は、アスコルビルリン酸Naより高いが、濃度が高いと沈殿しやすいため、高配合が難しい。

・3-0-エチルアスコルビン酸
別名はビタミンCエチルで、酵素による加水分解などが必要なく、そのままの形でビタミンCとしての効果を発揮する。即効性・浸透性・持続性の3拍子を兼ね備えている。

■油溶性
・テトラへキシルデカン酸アスコルビル
別名はテトラ2-へキシルデカン酸アスコルビルといい、VCIPと表記されることもある。
安定性が抜群で、液体状のため高配合しやすく、クリームなどの油分を含んだ化粧品に配合される。リン酸型よりは若干浸透性が劣る。
■水溶性と油溶性を兼ね備えたもの
・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
別名はAPPSもしくはアプレシエで、リン酸基とパルミチン酸基を結合させた、新型ビタミンC誘導体。浸透性、ビタミンCへ変換率が優れており、従来のものよりも、数十倍の浸透性があると言われている。

 

参考:
スキンケア大学「ビタミンC誘導体の効果」(http://www.skincare-univ.com/article/006401/)
日刊美容液新聞「すごくわかりやすい!ビタミンC誘導体入り美容液の効果と選び方」(http://bijin-essence.com/2266)
昭和電工株式会社「アプレシエ®」(http://www.sdk.co.jp/products/43/58/1147/detail.html)

ビタミンC誘導体のデメリット

とても効果が高い成分ですが、もちろんデメリットもあります。ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌をコントロールするため、乾燥したり、刺激を感じてしまうことがあります。また、紫外線にも弱いため、保存方法にも十分注意をしていく必要があります。自分の肌状態に合わせた製品を選んでいくこと、また保湿もしっかりと行っていくことでより効果的に使っていきましょう。

使いやすく、自分に合うものを選んでいく

化粧水に配合するには、水溶性のもの、また、水溶性と油溶性を兼ね備えたものがおすすめです。その中でもとくに効果のある最強のビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性を兼ね備えている「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」です。「APPS」「アプレシエ」といい、とても効果が高いのですが、その分化粧品のお値段が高くなります。また、高濃度のものは乾燥や刺激を感じることがあるため、デメリットの部分も考えて選んでいく必要もあります。化粧品は、継続して使っていくとより効果があるので、使いやすく、そして自分に合うものを使っていきましょう。

化粧水には、ビタミンC誘導体を選びましょう。
効果が高いのはAPPS。
自分に合う製品を選んでいきましょう。

関連記事