クレンジングと洗顔

クレンジング

メイクを落とす=クレンジング

クレンジングは、なぜ必要かというと、メイクアップ料が油性だからです。
そのため、油性のクレンジング料で落とす必要があります 。


クレンジング料には、
①オイルタイプ
②ジェルタイプ
③クリームタイプ
④ミルクタイプ
があります。また、手軽に使えるシートタイプもあります。
さまざまな種類がありますが、形状によって、刺激の強さやメイクアップ料の落ち具合が変わってきます。自分のメイクの濃さに合わせて使い分けることがおすすめです。

 

①オイルタイプ
界面活性剤を多く含むため、サラッと簡単に落ちるのが人気の理由。そのぶん肌ダメージも大きい。使用するのは、とくにメイクの濃い日だけに限定したい。
②ジェルタイプ
乳化していない透明のジェルタイプは、界面活性剤が多く、肌への負担は大。クリームのような乳白色タイプなら〇。
③クリームタイプ
適度な油分を含み、肌へのやさしさとメイクオフ力を兼ね備えている。ただし、メーカーによって多少バラつきあり。
④ミルクタイプ
肌にはやさしいものの、水分が多いため、メイクオフ力はいまひとつ。薄づきメイクの人向き。
出典:正しいスキンケア事典

メイクのオフ力が強いのは、
オイル>ジェル>クリーム>ミルク
そして、刺激が強いのも、
オイル>ジェル>クリーム>ミルク
となります。
このようにみると、ミルクタイプのクレンジングがよさそうに思えますが、水分が多く、メイクとなじむのに時間がかかってしまうという難点があるようです。なじみにくいから肌をこすりすぎてしまうというデメリットもあります。
そのため、メイクの濃さによりますが、普段使いには「クリームタイプ」がおすすめです。

肌の汚れを落とす=洗顔

顔の肌は、さまざまな外的要因で汚れてしまいます。排気、たばこの煙、ほこりなど空気中の汚れが直接ついてしまい、汚れがつきやすい部分です。
さらに、汗や皮脂、古い角質やメイクなどが混ざり合って汚れてしまいます。この状態が続くと、雑菌の繁殖や皮脂の酸化などでさらに肌への刺激が増えてしまいます。
そのため、洗顔で落とさなければいけないのです。

ですが、この汚れはクレンジングですべて落ちるわけではないのです。
メイクを落とすのがクレンジングの効果です。なぜなら、メイクアップ料が油性のため、油性のクレンジング料で落とす必要があるからです。
しかし、メイク以外の水性の汚れが肌についています。
それは洗顔でしか落とせないのです。

最近は、洗顔で肌にうるおいを残す、美白ができるなどの効果をうたっているものがありますが、洗顔の目的は「肌の汚れを落とすこと」ですので、汚れをしっかり落とすものを選んだほうが良いのです。洗顔料は洗い流してしまうので、そういった美容効果のあるものを使っても、水に流れてしまいます。

そこで、おすすめの洗顔料は、
「シンプルな固形石鹸」です。
なぜかというと、しっかりと汚れが落ちて、肌に余分なものが残らないからです。

この余分なものとは、うるおい成分でできる膜のようなもののこと。
たとえば、しっとり洗顔料には、油分が多く含まれていてそれが肌に残るので、洗顔後の肌がしっとりした感触になります。ところがそれでは肌に油膜を張ったような状態になり、あとから使う化粧品の浸透を妨げることになりかねません。
出典:「正しいスキンケア事典」

クレンジングと洗顔で肌の汚れをきちんと落とす

スキンケアの一番はじめに行うのが、クレンジングと洗顔です。
クレンジングでメイクなどの油性の汚れを落とし、洗顔で水性の汚れを落とします。
そうすることで、あとからスキンケアで行う美容成分がしっかりと肌に浸透していきます。
W洗顔は必ず行い、基本ステップであるクレンジングと洗顔できちんと肌の汚れを落としましょう。

メイクの汚れを落とすのはクレンジング。
そのほかの汚れを落とすのは洗顔。
W洗顔で、肌の汚れをきちんと落としましょう。

関連記事